FC2ブログ

かりんと みりんぼし

ゲーム中心オタクネタだらけ(たまに日常)の自己満足日記。 現在あさき、ゆめみし(愁沙耶)でのそのそ活動中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

今更だけど「神足町人妖譚~迷イ子ノ章~」感想【サブキャラ+α編】

予想外に短くまとまらなくて3回目になってしまいました神足町感想。
なかなか語る場所がないから色々語りたいんだ…!
そういえば前のメインキャラ編で言わなかったんですが、
私の本命は翠ではなくハクアちゃんです。ハクアちゃん大天使。
メインでは翠が一番好きだし、CPはダントツで翠千世ですが。みどちせかわいい。
薄い本が出せるかどうかは未定です。まあうんまずは夏コミ原稿な…(目逸らし)

たぶんきっと最後になる感想は、天遊・ハクアのサブキャラ感想と
EDの辺りとかを少しだけ。
相変わらずめちゃくちゃ長いしネタバレです。天遊だしネタバレしかないよ!

よろしければ続きへどうぞー。


「神足町人妖譚~迷イ子ノ章~」サブキャラ+α編はっじまるよー。

澪(MIO)『神足町人妖譚 ~迷イ子ノ章~』
【ハクア】
神足町で出会う、何かに怯えていつもおどおどした妖の少女。
大切だった人に似ているという千世ちゃんにとても懐きます。
発表された時から私の心を離さない完全な一目惚れだったハクアちゃんですが、
もう本当に可愛いです。おどおどしすぎてテンパる姿がめっちゃ可愛い。
健気に千世ちゃんを慕う姿はいじらしくもあり危なっかしくもあり。
よくよく考えたら、彼女生後一年経ってないんですよね元々…しかもイエネコ。
そりゃ危なっかしい感じで慕うようになるってもんです。
恐らく澪伝奇シリーズ史上最年少の登場人物でしょう、ハクアちゃん。
詳しいことは明言されてないですが、人間年齢で換算すると中学生くらいですかねえ。

そんな妖としても人間換算としてもダントツ最年少のハクアちゃんですが、
やっぱりまだまだ子供。1周目のハクアルートではとんでも行動に出てしまいます。
そうきたかー!と思う一方、それはそれでアリだな…と思わせてしまう辺りが
ハクアちゃんの魅力かもしれない…\オカーサン/
自分のルート以外では途中から悩みが一応解決して打って変わって明るい子に。
前作のあさきでにゃーにゃー騒がしかった猫又姉妹を思い出しますね、コレ。
猫又姉妹(特にまだらさん)が大好きだったので、彷彿とさせるノリは嬉しかったです。
猫又って得てしてこういう割と自由な性格なんだろうか…。
ポジション上非戦闘要員ですが、「友達」として支え頑張る終盤の姿を見ていると
この子がいてよかったなあとひしひしと思います。いいムードメーカーです。

ハクアの声の方はクローバー図書館のクゥですねーこっちもネコだー。
最初の頃のコミュ障っぷりも中盤からのフリーダム猫又っぷりも、
どちらも独特の可愛らしさでとても好きです。
あさきもそうだけど、猫又役の声優さんは私の琴線に触れる演技されるんですよねえ。
あとゲームやった人なら分かると思うんですが、
熱海の発音とかめっちゃ残るんですよね、アレ。アターミ。
熱海って見る度、脳内でハクアが「ATAMI」って発音するようになりました(笑)

(以下「2周目」ネタバレにつき反転)
「2周目」では天遊の介入があるため、1周目では割と雑多な感じにしか語られなかった
ハクアの過去が判明、若干展開が変わって本格的にルート解放になります。
飼い主を亡くすという子猫の身には割とヘビーな過去と彼女の抱えるものは、
「2周目」でしか本当の意味では区切りがつかないところがミソです。
介入がきっかけで始まるハクアルートは、悩みにひとつの「答え」を出す話。
終盤、悩み続ける千世ちゃんに対して問いかけるハクアちゃんの言葉は、
幼いがゆえのまっすぐさで本質をついているなあと感じました。
「悩まない人なんていない」と、悩むことを肯定するハクアなりの言葉は
素直なものだからこそ、すっと自分の中に入っていくような感じでした。
ハクア自身も千世ちゃんという大切な初めての友達が出来て、
悩みながらも少しずつ前へ進むようになったりと、お互いに成長していくいいルートでした。
EDの女子二人は本当に可愛いです。なにあれ超混ざりたい。

(反転ここまで)

澪(MIO)『神足町人妖譚 ~迷イ子ノ章~』
【向島天遊】
神足町で出会う、浮世離れな雰囲気の謎の青年。
どこか見透かしたような発言で惑わせたり、裏で暗躍するような素振りを見せます。
実は発売前はこんなにラスボス感ダダ漏れの人だと思っていませんでした…。
プレイしてみてびっくり、登場から怪しさ爆発でザ・悪役な言動で、
「あれっ天遊ってこんなテンプレなポジションだったの…?」とすごく戸惑ってました。
あさきでいうところの東雲さんポジションだと思ってたんだけどなあ…。

全く真意が読めない行動と逆撫でするような言葉で、神足町の住人たちを翻弄していきます。
でもよく考えたら、言ってることは割と正論なんですよね、彼。
言い方が全くオブラートに包んでいない(というか包む気ないしワザと逆撫でさせてる)だけで、
登場人物の抱えるものを的確に突いてきてるところがまたやっかいというか…。
話が進んでも微塵も真意が読めない辺りがとても不気味ですが、
その辺は1周目の耀兄さんか翠のルートの最後でその一因がちらっと見えます。
それでも微妙に釈然としない辺りがありますが、彼は「2周目」が本番なので…。
1周目だけでは語りづらいところが天遊らしさというかなんというかですね。

天遊の中の人は私最初存じ上げない方だわ…と思ってたんですが、
調べたら実は…という方でした。いやびっくりしたよ!
裏名義しか知らなかったんだ…(ぼそり)
絶対難しい役だろうと思うんですが、悪意満々な1周目の天遊と
色々違いまくる2周目の天遊の微妙な使い分けがとてもすごかったです。
この方上手いよなあ…ホント。

(以下「2周目」ネタバレにつき反転)
「2周目」からが本番の天遊ですが、1周目をやり込むと余計にギャップが酷いです。
ホントお前誰だよ!!!!っていう状態なので、めちゃくちゃ戸惑います(笑)
「2周目」自体が最初の方はほぼまるっと1周目と同じなんですが、
だからこその違和感とその違和感の謎が一気に明かされる天遊ルートはお見事でした。
ループもののシナリオは難しいと思いますが、上手く立ち回りさせてるなあと思いました。
天遊以外の「2周目」では真相を匂わせる程度で終わる辺りもちゃんと理由がつきますし。
1周目で空っぽだった天遊が、耀と翠の「答え」を見て初めて願いを持ち巡りついた「2周目」。
たくさん見てきた可能性のどこかで、「2周目」の心境に至るきっかけが
何かあったんだろうと思いますが、その辺は本編では詳しく語られてないのが少しだけ残念。
それでも「迷イ子ノ章」の裏主人公・天遊らしさはとてもよく出ていました。
迷い、祈り、歪めた世界で天遊が辿りつく結末は賛否両論あると思いますが、
はじまりの物語がちゃんと幸せな形で終わる方がいいかなと私は思います。
個人的にはあのままで終わっても含みを持たせて終了だったらアリだなと思いますが、
最初からしめっぽいっていうのもアレですしねー。
あと、天遊ルートを終わった後に主題歌の「現の向こうへ」を聴くと、
最初と違った感想を持つんじゃないかなと思いますのでプレイし終わった後は是非に。

(反転ここまで)

【おまけ:EDとか攻略順のよもやま】
EDはロープライスにしては数が多いのでコンプするのは結構大変でした。
大体みんなが引っかかるのが翠のバッドED「瞋恚の炎」ですね。私も最後まで残った。
たぶん今回一番フラグ管理が大変なEDですが(あさきで言うと祇王のバッドみたいな感じ)、
好きな人はキター!!!!!な感じのEDですので頑張って頂きたい所存。
私たぶん一番好きなEDです「瞋恚の炎」。アレはもうね…ズルイですわー…!
次点で好きなのは「水のない水槽」です\オカーサン/
ちなみに今回はバッドEDの直接的なさわやか表現は控えめですが、
その分精神的に容赦ないEDが結構ありますので苦手な方は要注意です。
あと余談ですが、一部バッドEDは「2周目」で変化するものがありますので、
1周目ver.を見てから推奨ですよー。

私的オススメ攻略順は、
耀or翠→最初に選ばなかったメイン→もう一度最初から始めて早起き(2周目)
→耀or翠→選ばなかったメイン→天遊
というところでしょうか。ハクアちゃんとバッドとかあれこれEDは1周目も2周目もお好みで。
2周目に入る前に各バッドEDは前述の理由で見られるだけ見ておいた方がいいと思います。
あと天遊は本当に最後推奨。2周目のハクアも天遊の前に見ておく方がいいかと。
ハクアを適時にしているのは彼女のルートはあくまでサブというか、
所謂友情ルートなのでです。お好きなタイミングでどうぞ。

【さらなるおまけ:特典ドラマCDあれこれ】
例によって例の如く全てゲットしてます。
とりあえず公式とソフマップ特典以外はきちんと乙女ゲのシチュエーションです。
公式とソフマップ以外は(大事なことなので二回言いました)
以下簡単な感想。
・アマゾン特典「花」
 耀兄さん・翠共に一番ほのぼのシナリオ。翠編は本編ネタバレあり。
・アニメイト特典「雨」
 耀兄さんが一番頑張ってた気がする。翠はちょっといちゃいちゃ。
・ステラワース特典「夜」 
 耀兄さんが絶妙に踏み出せない通常運転。翠はちょいえろ?
・ソフマップ特典「酔」
 パラレルネタ。翠が色々大崩壊しているので翠派に聴いて欲しい。すごく。
 兄さん?いつも通り残念だよ?
・公式特典「仲良き事は美しきこと哉」
 兄さんが最初から最後まで自爆王の名を欲しいままにする回。
 逢坂の主従は今日も仲良しです。


以上、ぐだぐだと長く続いた神足町感想でしたー。

| 神足町人妖譚 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://karimiri.blog34.fc2.com/tb.php/909-8c2b2e87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。